公益財団法人 地球環境センター
| お問い合わせ | English |
 Home > 事業 > 開発途上国の人材育成

JICA研修「中東地域環境管理能力向上(第三年次)水質汚濁防止」が始まりました

 中東諸国では、産業が発展し都市化が進むにつれ大気汚染や水質汚濁が深刻になりつつあり、これらの汚染に対し緊急に取り組む必要があります。また国内における対策だけでなく、汚染された水の地中海や紅海、あるいは国際河川への排出や、国境を越えた大気汚染は、国際的にも取り組むべき課題となってきています。
 このような状況を受け、参加国の中央政府あるいは地方組織の能力向上を支援し、大気汚染・水質汚濁防止分野での政策や規制を企画・遂行することを目的とした研修を、2008年度から3年計画で実施しています。3年目に当たる今年度は特に水質汚濁に重点をおき、同分野で豊富な知見を有する大阪市および大阪府の協力を得て、水質管理計画の策定手法や工場排水の処理・下水道施設・浄化槽の見学をはじめ、水質分析の実習など、専門的な技術の習得を目的としています。
 平成23年1月14日に大阪市公館において開講式を行い、研修がスタートしました。今年度はこれまで継続の3カ国(6名)に加え、新たにパレスチナから研修員を受け入れています。各研修員は研修成果を反映した帰国後のアクションプランを作成し、その実施に努めることとなっています。
 この研修は(独)国際協力機構(JICA)の研修として、地球環境センター(GEC)が実施するものです。
 GECはこのような研修を通じて開発途上国の環境問題への対応能力の向上など、地球環境保全の推進に寄与しています。


1 研修参加国
 参加国:エジプト3名、パレスチナ1名、レバノン1名、シリア2名

2 研修実施期間
 2011年1月14日(金) 〜 平成23年2月25日(金)

3 主な研修日程
 1月14日      開講式(大阪市公館)及び副市長表敬訪問(大阪市本庁)
 1月18日      ジョブレポート(各国の状況説明)
 1月19日〜31日  大阪における講義と実習および視察
 2月1日〜4日   東京における研修と視察
 2月6日       ワン・ワールド・フェスティバルにてプレゼンテーション(大阪国際交流センター)
 2月7日〜14日  大阪及び周辺地域における講義と実習および視察
 2月15日      小学生との交流-分析実習及び討論会(大阪市立阪南小学校)
 2月16日〜23日  大阪における講義と実習および視察
 2月24日      アクションプラン・レポートの発表
 2月25日      評価会、閉講式(JICA大阪国際センター)
  ※詳細は別紙の研修日程表参照

4 研修協力機関
 大阪市(環境局、建設局、環境科学研究所、教育センター)、大阪府、富田林市役所、東近江市、龍谷大学、(独)水資源機構、東京都環境科学研究所、(財)琵琶湖・淀川水質保全機構、いであ(株)、(株)中山製鋼所、大阪環境保全(株)、(株)環境戦略研究所、(株)太洋工作所、(株)シプレコーポレーション、東レ(株)、NPO碧いびわ湖他

参考資料1 研修日程

| Home | GECとは | 事業 | 出版物 | GEC支援のご案内 |

Copyright Global Environment Centre Foundation (GEC). All rights reserved..