公益財団法人 地球環境センター
| お問い合わせ | English |
 Home > 事業 > CDM/JI事業調査

CDM/JI事業調査結果データベース

調査名バングラデシュ・農村におけるバイオガスユーティリティー・プログラムCDM実現可能性調査
調査年度2010(平成22)年度
調査団体株式会社PEARカーボンオフセット・イニシアティブ
調査協力機関グラミン・シャクティ
調査対象国・地域バングラデシュ
対象技術分野廃棄物管理
対象削減ガス二酸化炭素(CO2)、メタン(CH4)
CDM/JICDM
プロジェクト実施期間/クレジット獲得期間2011年〜
PoAのクレジット獲得期間:28年間
CPAのクレジット獲得期間:10年間
報告書
プロジェクトの概要 主に家庭からの有機廃棄物を原料とする比較的大型のバイオガス・ダイジェスターを都市ガス網のないバングラデシュの地方都市に導入し、そこで生成されるバイオガスをミニガス供給事業形態で、多数の未ガス化家庭に供給する事業を、プログラムCDM(PoA)として実施する。
適用方法論 AMS-I.E、AMS-III.AO
ベースラインの設定 ベースラインは、バイオガスガスを供給される家庭においては、非再生可能バイオマスを厨房用エネルギーとして使い続ける。また、バイオガスの原料である有機廃棄物に関しては、埋め立て処分される。
追加性の証明 3つの方法で可能である。
  1. First-of-its-kindすなわちprevailing practice barrierの適用(バングラデシュで類似の大型ダイジェスターもバイオガスの都市ガスとしての供給事業も存在しない)。
  2. 小規模CDMの1/3のプロジェクトの追加性のガイドラインの利用。
  3. CPAごとに投資採算性としてIRRを計算して証明。

 このうち、1.はCDM理事会のガイドラインがまだ不透明であり、clarificationが必要。2.はType IIIを含むこととPoAの適用が不透明であることがあるが、それらが不可であったとしても、3.は証明可能である。
GHG削減想定量第1号CPAのクレジット獲得期間の平均:2,700tCO2/年
モニタリング 当該PoAの調整管理組織であるグラミン・シャクティが、CPA実施者であるブランチにおいて行う。
 バイオガスの供給量や状態、家庭での使用状況、インプットする廃棄物、必要に応じてゴミ運搬用車両の燃料消費量などがモニターされる。
環境影響等 環境への負の影響はない。
事業化に向けて ファイナンス先をグラミン・シャクティが検討中。先進国側の可能性も探る。
「コベネフィット」効果
(ローカルな環境問題の改善の効果)
 環境への便益は、屋内大気汚染改善につながる(家庭)。また、バイオマス燃料の代替になることで、森林保護やunmanaged landfill状態の一般廃棄物削減にも寄与する(地方)。
ホスト国における持続可能な開発への寄与 最貧国地方都市でのクリーンでアフォーダブルなエネルギー供給を通じて、低炭素型地方都市開発のひとつのモデルとなる。

| Home | GECとは | 事業 | 出版物 | GEC支援のご案内 |

Copyright Global Environment Centre Foundation (GEC). All rights reserved..