公益財団法人 地球環境センター
| お問い合わせ | English |
 Home > 事業 > CDM/JI事業調査

CDM/JI事業調査結果データベース

調査名インドネシア国ロンボク島における住民参加型CDM環境植林可能性調査
調査年度2003(平成15)年度
調査団体(財)国際緑化推進センター
調査対象国・地域インドネシア(ロンボク島)
対象GHGガス二酸化炭素
対象技術分野植林
CDM/JICDM
調査概要本件調査の対象としている環境植林プロジェクトは、インドネシア国西ヌサテンガラ州スカロー国有保安林の荒廃原野の復旧を目的に、1996年7月に開始され、第一フェーズ350ha が、2000年に終了し、2002年8月から5年計画で隣接地85ha において第二フェーズを展開中である。
環境植林に導入した樹種はインドセンダン、タガヤサン、ギンネム、タマリンド、カシューナッツ等、燃料、飼料や果実等も得られるいわゆる多目的樹種を含め十数樹種で、基本的に3mx3mの間隔で植栽されている。また森林造成・管理への地域住民の参加をより広げる目的から、多目的樹種の導入に加え、樹間に豆類、ヒマ、トウガラシなどの換金作物の栽培もなされた。
報告書概要FS200316SJ.pdf(PDFファイル 215KB)
本文FS200316J.pdf(PDFファイル 5.1MB)



| Home | GECとは | 事業 | 出版物 | GEC支援のご案内 |

Copyright Global Environment Centre Foundation (GEC). All rights reserved..