公益財団法人 地球環境センター
| お問い合わせ | English |
 Home > 事業 > CDM/JI事業調査

CDM/JI事業調査結果データベース

調査名プノンペン市廃棄物埋立処分場(Stung Mean Chey)から排出するメタンガス等(LFG)の回収による温室効果削減及びエネルギー活用事業のF/S調査
調査年度2003(平成15)年度
調査団体(財)廃棄物研究財団
調査対象国・地域カンボジア(プノンペン)
対象GHGガスメタン
対象技術分野廃棄物管理
CDM/JICDM
調査概要カンボディア国の首都プノンペン市(2000 人口約105 万人、面積約290km2)の唯一の処分場であるStung Mean Chey 処分場(以下SMC 処分場という。)は、1960 年代から使用されており、現在日量約670 トンの都市ごみが埋め立てられている。当処分場はオープンダンピング方式であるため火災、煙や粉塵、悪臭、蝿の大量発生及び浸出水の排出など、周辺環境に大きな影響を与えており、処分場の劣悪な環境に対する市民からの苦情が当局に寄せられている。
カンボディア政府はSMC 処分場の環境改善を含めて日本政府に調査協力を要請し、日本政府は、この要請に応じて国際協力機構(JICA)を通じて開発調査を実施した。JICA 調査団はごみ収集改善実験、住民衛生教育、廃棄物管理データベースの構築と併せて、SMC処分場をオープンダンピングから衛生埋め立て方式へと移行させるため、現処分場の一部に埋立ごみ等で成型し、覆土に古い埋立ごみを利用し、成型埋立層にガス抜き管(深さ5m)を設置したパイロットプロジェクト(以下パイロット区画という。)を実施している。本調査は、SMC処分場から排出しているメタンガスを含んだLandfill Gas(以下LFGという。)の削減と利・活用を対象とし、事業の実施可能性を検討(F/S 調査)した。
報告書概要FS200306SJ.pdf(PDFファイル 270KB)
本文FS200306J.pdf(PDFファイル 1.6MB)



| Home | GECとは | 事業 | 出版物 | GEC支援のご案内 |

Copyright Global Environment Centre Foundation (GEC). All rights reserved..