公益財団法人 地球環境センター
| お問い合わせ | English |
 Home > 事業 > CDM/JI事業調査

CDM/JI事業調査結果データベース

調査名マレーシア 廃棄物のコンポスト化処理による埋立地からのメタンガス抑制事業計画実現可能性調査
調査年度2003(平成15)年度
調査団体日本環境コンサルタント(株)
調査対象国・地域マレーシア(ジョホールバル)
対象GHGガスメタン、二酸化炭素
対象技術分野廃棄物管理
CDM/JICDM
調査概要ジョホールで発生する固形廃棄物のうち、埋立地に搬送される生分解性廃棄物を日量300トン好気性発酵施設で処理することで、埋立地から発生したであろうメタンガスを削減することを目的としたものである。本プロジェクトは長期的にはコンポストの再利用やリサイクル施設・焼却施設の導入も踏まえた上での廃棄物処理全体計画の中の第一ステップとして捉えることが可能であり、今後のマレーシアの廃棄物行政にとってもモデルとなるものである。
報告書概要
本文FS200305J.pdf(PDFファイル 17.2MB)



| Home | GECとは | 事業 | 出版物 | GEC支援のご案内 |

Copyright Global Environment Centre Foundation (GEC). All rights reserved..